暇な電車通勤の時間

電車内は多くの人たちが密集している空間なので、暇つぶししようにも限度がありますよね。誰の迷惑にもならないようなものが安心ですし、落ち着いて楽しめます。幅広い世代が電車の中でついついしてしまうことといえば、居眠りでしょう。約1時間もあれば、その疲れから自然と寝てしまう人もいるでしょうし、何もすることがないから取りあえず目をつぶってしまう人もいるでしょう。外国人から見れば、電車内で居眠りをする日本人がとても珍しいと思われるようですが、くれぐれも無防備にならないように気を付けなくてはいけません。寝てる間にスリにあったりすることもあるようですから。

しかし、これは席に座っている人に限られてしまうことなので、立っている人でも楽しめることとは何でしょうか?それは、昔から定番としてある読書ですね。売店で買った雑誌や漫画を読む人もいるようですが、他の人の邪魔にならないような読み方が必要です。軽くてコンパクトな文庫本サイズの本なら、どんな位置でも読みやすいのかもしれませんね。そして、スマートフォンの普及で、デジタル形式の読書を利用する人が増えてきました。ニュースや多くの情報がこれ1つで知ることができるので、電車内でスマートフォンを利用している人は本当に多いです。無料でゲームをすることもできますし、動画サービスも視聴することができるので、イヤホンさえあれば誰でも気軽に楽しむことができます。

このように、昔と比べて通勤時間内でできる暇つぶしもだいぶん進化してきました。通勤時間にできる暇つぶしは、仕事で疲れた身体を癒してくれて、多くの情報収集から時間を有効的に使える手段にもなっているんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です